2018/06/13
2016年11月1日に特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(通称 JVOAD)が発足。当センターは長岡市を拠点とする災害支援ネットワーク「チーム中越」を運営しており、このチーム中越として JVOADの正会員団体に加入しています。 このたび、第3回災害時の連携を考える全国フォーラムが開催され、当センターも運営に協力。全国各地より約500名の方が集まりました。

2018/06/03
一般社団法人防災教育普及協会主催の第4期防災教育指導者育成セミナー水害編が東京大学地震研究所を開催に開催されました。今回は防災科学技術研究所が全面協力しており、我々も気象災害軽減イノベーションセンターの業務に関わっていることから、ワークショップ「洪水災害から自分の命を守ろう」の企画と進行を担当することになりました。

2018/05/19
2016年度に養成した地域防災講座インストラクター「災害食」。このとき9名のインストラクターが誕生しました。2017年度は、このインストラクターが各地で災害講座(パッククッキング)を実施し、大変好評でした。地域からのニーズはますます増えており、9名では足りなくなってきたので、2018年度は第2期「災害食」インストラクター養成講座を開講することにしました。

2018/05/08
地域主体の避難所運営体制をどのように作っていくのかは、地域防災の課題のひとつです。長岡市宮内地区では、2017年度より自主防災会が主体となって避難所運営体制づくりを進めています。どこに避難すればいいのか、避難所は誰が開設し、誰がどのように運営するのかから始めなくてはなりません。2018年度も引き続き地域の動きを支えていきます。

2018/05/07
中越市民防災安全士や防災士の方にいかに活躍の機会を与えるか。2017年度、長岡市からの委託事業の一環で地域防災講座インストラクター養成講座を開講。防災ゲーム「クロスロード」を用いた防災講座ができる講師を養成しました。今年度はいよいよ実践デビューの予定。現在、16名の「クロスロード」インストラクターがいます。皆さんに集まっていただき、講座の進め方、パワーポイント原稿、開催地域との調整手順などを確認しました。