地域防災力センターは、公益社団法人中越防災安全推進機構の中の一つの組織(部署)です。

公益社団法人 中越防災安全推進機構

中越防災安全推進機構とは

2004年10月23日 中越地震が発生!

この被災・復興経験を私たちの手で地域の資産として集約し、日本の安心・安全な地域づくりの推進力に変えていく!

2004年10月23日に発生した中越地震は、中越の広範な地域に未曾有の被害をもたらしましたが、その一方で、災害対応や復興について貴重な教訓をもたらしました。災害はいつ、どこで起こるかわかりません。中越地震での被災と復興の経験を、日本全体で活かしていくことは強靭な国づくりにつながります。

中越防災安全推進機構は、中越地域の教育、研究機関の集積を生かして、多様な主体(行政、教育・研究機関、企業、個人など)が連携、参画することで、中越地震に関する記録や研究活動を推進・支援するとともに、研究成果を安心・安全な地域づくりや防災安全産業の振興に役立てます。

中越地震から10年が経過。この被災・復興にかかわる経験を全国に発信し、いざという時の復興活動や地域づくりに活用してもらうことは、中越地域が果たすべき役割でもあります。

中越防災安全推進機構は、これを率先して行なう活動母体をめざします。

詳しくはこちら:https://www.cosss.jp/

地域防災力センターとは

中越防災安全推進機構において、「防災」を専門に展開するチームとして、2011年4月に開設。中越地震をはじめ、各地の様々な災害経験を踏まえ、地域防災力を向上・強化するための活動を行っています。

現在、「地域防災」「防災教育」「災害継承」「災害支援」の4つの柱で、自主事業及び委託事業を行っています。