【2022年度】

にいがた防災シニアリーダー養成講座
【2022年度】 · 2022/09/17
新潟県からの委託を受け、当センターでは、令和2年度より、平時から地域の集まりの場などで地域の災害リスクや避難情報を正しく伝えることができる「にいがた防災シニアリーダー」の育成に取り組んでいます。令和4年度は、上越会場(8/27)、新潟会場(9/10)、長岡会場(9/17)と3会場で1日かけて養成講座を実施しました。

令和4年度中越市民防災安全大学 卒業式
【2022年度】 · 2022/09/04
令和4年度・第17期 中越市民防災安全大学が5日間の日程を終え、本日卒業式を迎えることができました。受講生57名のうち、全員が卒業となり(全40単位中28単位以上の取得で卒業認定)、中越市民防災安全士となりました。本来であれば卒業生一人ひとりに卒業証書を授与するのですが、新型コロナウイルス感染予防のため、代表者一人に手渡しました。皆さんお疲れ様でした。そしておめでとうございます。きっと長岡市の防災力の底上げに貢献してくれることと思います。

にいがた防災ステーション 新宿に進出
【2022年度】 · 2022/08/29
主に首都圏在住者を対象に、防災に関連する幅広い商品等を新潟県の産業群として訴求するため、県産品防災関連商品等プロモーション「にいがた防災ステーション」を東京で開催しています(8/25~9/1)。その期間中、元プロレスラー小橋建太さんを招いて、新宿ルミネゼロを会場に参加型イベントを開催し、新潟県から食やエクササイズを通して災害時にむけた備えを提案しました。

新潟県下越地方の豪雨災害被災地支援活動
【2022年度】 · 2022/08/27
令和4年8月3日からの大雨による新潟県下越地方の被害を受け、当センターでも職員が現地に入り、関係者と調整を図りながら、支援活動を展開しています。被災当初は、食料、物資を持参し、被災者に配りながら現地の状況を聞き取ったり、社会福祉協議会と協力してボランティアバスを運行したり、被災地でボランティアセンターの設立・運営をサポートしたり、支援者情報共有会議で報告したりしております。

新潟県内初プログラムの親子防災イベントを開催
【2022年度】 · 2022/07/24
長岡市千手コミュニティセンターを会場に、千手コミュニティ推進部地域まちづくり推進部、防災科学技術研究所、長岡技術科学大学防災復興システム工学研究室と連携して、親子防災イベントを開催しました。「巨大ジグソーマップできみのおうちを探そう」「パソコンを使えて避難経路を考えるよ」「模型で川を観察しよう」という3つの体験プログラムはいずれも新潟県内初です。

内閣府「防テクPF」にて防災産業ワークショップ
【2022年度】 · 2022/06/22
内閣府が展開する「防災×テクノロジー官民連携プラットフォーム第4回マッチングセミナー」と連携し、新潟県防災産業クラスター形成事業の一環として、自治体等が抱える「防災学習・災害時の情報発信」「冬季の道路管理」「インフラ被害の情報収集」の3テーマに関する課題について、複数の企業・大学などが解決策を考えるワークショップを開催しました。

新たな災害食の備え方検討会(第3回)を開催
【2022年度】 · 2022/06/15
新たな災害食の備え方検討会は、災害時において避難者が必要とする食料を届けるため、自治体の備蓄や企業による食料支援のあり方について検討し、産官学民連携によるあらたな災害時の食の備えにつなげるための会議です。令和4年1月に第1回、3月に第2回を開催し、今回令和4年6月に第3回を開催しました。

にいがた防災教育サポートネットワーク
【2022年度】 · 2022/06/15
令和4年度に入り第1回目のにいがた防災教育サポートネットワーク会議を開催しました。各団体から近況報告及び今年度の活動予定を紹介していただき、意見交換を行いました。協力・連携する可能性を見出すよい機会となり、いくつか具体的な動きが起こりそうな期待があります。

災害時の物流の改善を考える検討会を設立
【2022年度】 · 2022/06/14
過去の災害では、「避難所等からのニーズ収集や集約」「企業や国、県などへの物資の発注」「避難所までの物資の運送」などの業務がスムーズに行われずに、物資の支援が滞る事例が多く見受けらます。そこで、過去の災害の経験や教訓を踏まえ、物流を改善するための検討会を立ち上げました。自治体や企業・大学などが連携・協働することで実現可能な災害時にも機能する物流の仕組みの検討を行っていきます。

R4年度新潟県防災産業クラスターが本格始動
【2022年度】 · 2022/05/23
令和2年度よりスタートした「新潟県防災産業クラスター形成プロジェクト」。今年度で3年目となり、コアメンバーによる戦略会議を開催しました。これから、危機管理産業展 RISCON(東京ビックサイト)及び震災対策技術展(パシフィコ横浜)への出展、新たな災害食の備え検討会、ポータルサイトの運営など、防災産業を盛り上げるべく、様々な事業を仕掛けていきます。

さらに表示する