上越市にて防災教育の教職員研修会を開催

上越市からの依頼を受け、防災意識の向上を図り、地域や学校の実情に即した防災教育の推進について理解を深めるため、防災教育研修会を企画・開催しました。上越市内の全ての小中学校の担当教員が対象です。

オリエンテーションで研修のねらいを説明した後、避難所運営ゲーム(HUG)を通して、災害時に避難所(各学校)がどのような状況になるのかを模擬体験してもらいました。次に熊本地震被災地の学校避難所運営の様子を紹介し、グループワークでは、「子どもの主体的な姿勢を育むことは防災教育においてなぜ必要なのか」「学校と地域・家庭との日頃からの関係性は災害時にどう活きるのか」を話し合いました。