【2023】

事業者の広域応援による雪下ろし実証を行う
【2023】 · 2024/01/17
新潟県から「雪下ろし事業者等の広域応援体制の整備に関する業務」の一環として、十日町市内の市営住宅・県営住宅を対象に、十日町市外から2社・計7名に応援に来ていただき、地元の事業者と一緒に屋根雪下ろしを行いましした。全員に安全帯を着用していただき、屋根に設置してあるアンカーにロープを結び、しっかりと転落防止対策を行ったうえで作業を行っていただきました。

チーム中越 能登半島地震緊急ミーティング
【2023】 · 2024/01/05
令和6年1月1日に発生した能登半島地震に対して、どのように被災地支援を行っていくか。チーム中越で緊急ミーティングを開きました。当機構をはじめ、長岡市社会福祉協議会、中越市民防災安全士会、ながおか市民協働センター、長岡青年会議所、水澤電機株式会社、国際ボランティア学生協会などが参集し、今後の対応方針や先遣隊の派遣などについて意見を交わしました。

令和5年度防災士養成講座 全て終了
【2023】 · 2023/12/17
令和5年度防災士養成講座は4会場で開催し、今回の新発田会場で全日程を終了しました。中越大震災20年プロジェクトの一環と位置づけ、講師の方々からそれぞれの講義の中で、中越大震災20年に関するトピックスを盛り込んでいただきました。令和6年度も同様に防災士養成講座を開催・運営する予定です。

【2023】 · 2023/12/15
長岡市から地域防災力強化支援事業の委託を受け、市内の8つの町内会・自主防災会を対象に当センター職員がアドバイザーとして地域防災活動をサポートしている。千手地域では、千手コミュニティセンター地域まちづくり推進部の令和5年度の活動として、防災マップづくりに取り組んでおり、これまで計6回の全体会議を経て、千手地区防災マップ が完成した。

高めよう互近助力-地域でつくる避難生活体制
【2023】 · 2023/11/30
新潟市北区では、令和4年度から「高めよう互近助力」地域でつくる避難生活運営体制事業を開始しました。4ヶ年で区内8地区においてモデル的に避難所運営委員会を立ち上げることを目的としており、ワークショップ及び訓練の企画運営を当センターでサポートしています。今年度で2年目となり、早通地区、木崎地区で実施しています。

令和5年新潟県防災リーダー養成研修を実施
【2023】 · 2023/09/30
新潟県から委託を受け実施している「令和5年度 新潟県防災リーダー養成講座」を3会場(今年度分)にて実施・終了しました。今年度は上越市・南魚沼市・新潟市を開催地とし、総勢40名以上の「新潟県防災リーダー」を育成することができました。

防災広場設計・デザイン協働検討の成果発表会
【2023】 · 2023/09/28
東京電力ホールディングスからの委託を受け、2026年度に柏崎市田尻工業団地内に整備される東京電力柏崎レジリエンスセンターの防災広場の設計及び活用について多角的な検討を行っています。その設計を新潟工科大学と連携して進めていくため、東京電力柏崎レジリエンスセンター 防災広場設計・デザイン協働検討プロジェクトを立ち上げ、そこに主体的に参画してきました。

新潟市が避難行動要支援者講習会を始動
【2023】 · 2023/09/22
避難行動要支援者支援制度は、避難行動要支援者名簿の平時からの共有や個別避難計画の作成により、地域において災害時に円滑な避難支援を実施することを目的としています。要支援者支援制度及び個別避難計画の説明と取組事例の紹介を行い、制度に対する理解を深め、要支援者支援に取り組む意識の醸成を図ります。

災害時の物流改善セミナーを開催
【2023】 · 2023/09/13
災害時には被災地にいち早く支援物資を届ける必要がありますが、過去の災害においては、被災自治体が物資拠点の開設・運営やトラックの調達などを円滑に行うことができなかったために、避難所などにスムーズに支援物資が届けられないといった問題が生じています。そこで、災害時の物流をテーマとしたセミナーを企画・開催しました。

令和5年度長岡市防災訓練に参画・サポート
【2023】 · 2023/08/27
令和5年度長岡市防災訓練の一つとして、信濃川早期警戒情報が発令されたという想定で、車による広域避難訓練が実施されました。当センターからは、車中避難場所となる見附市・ダイナム見附店駐車場と道の駅良寛の里わしま和らぎ家駐車場に職員を派遣し、避難訓練参加者に対して車中泊避難の備えに関する講座を行いました。

さらに表示する