新潟県内市町村の防災担当職員による検討会を立ち上げ

新潟県防災企画課の業務の一環として、「新潟県防災支援策等検討会(第1回)」を初めて開催しました。市町村の防災担当職員が集まり、それぞれで抱えている課題を共有し、有益な支援策のあり方等を検討する取組です。

この日は、6市町村の職員によるグループワークを行い、共通の課題として、「地域・住民主体の避難所運営体制を作るためには」、「防災士や防災リーダーが自主防災会の中で活躍するには」、「避難行動用支援者の支援計画づくりをどのように進めていけば」という3つのテーマが浮かび上がってきました。今後はこれらのテーマについて、継続的に検討を行っていきます。