九州北部豪雨の被災地を官民連携ユニットで先見調査

当センターは、災害支援のための体制として、チーム中越/長岡協働型災害ボラセンターの事務局を担っています。今回の九州北部豪雨災害を受け、長岡市とチーム中越との官民連携ユニットで、被災地の先見調査に入りました。今回の目的は、被災地の状況を把握した上で、どのような支援の必要性があるかを探ることです。

福岡県朝倉市と東峰村を中心に入りました。避難勧告が発令中で立ち入りが出来ない地域も多くありましたが、住民や行政職員の方からお話を聞くことができました。中山間地の土砂災害である中越地震の経験がきっと役に立つと思います。我々だからこそできる支援を考えていきます。