新潟県地域防災交流会議を開催 熊本地震の教訓と県内の取組を学ぶ

新潟県防災企画課から「新潟県防災まちづくりプログラム事業」の委託を受け、その一環として地域防災交流会議を開催しました。これは県内市町村の防災担当者に集まっていただき、各団体の優れた活動を紹介していただいたり、専門家の講義をきいたり、他地域の事例を学んだりします。また、グループワークを通して市町村の担当者どうしの顔の見える関係づくりも重視しています。

今回は「被災地の教訓から地域防災力向上の必要性を考える」と題して、熊本地震の対応にあたった熊本市職員から当時のお話をうかがい、域における普段からの顔の見える関係づくりこそ地域防災の本質ということを学びました。