長岡市総合防災訓練にパネル展示と迷路で協力

2018年10月21日(日〉8:30~12:00 長岡市立希望が丘小学校・希望が丘コミュニティセンター

1年に1回開催される長岡市総合防災訓練に毎年協力しています。今年は長岡市社会福祉協議会と協力し、チーム中越/協働型災害ボランティアセンターの仕組みと活動実績を紹介するブースを開設し、訓練に参加した住民に解説しました。さらに希望が丘小学校の生徒が災害の備えを楽しく学べるように、防災楽習迷路を設置・運営しました。

長岡市では、大きな災害に見舞われたとき、民間の各種団体が協働で災害ボランティアセンターを開設・運営する仕組みができており、全国的にも高い評価を得ています。また、全国にも数セットしかない「防災楽学習迷路」を当機構は2セット保有しており、次世代の防災教育などに活用されています。